【ブリアン歯磨き粉】口コミ・体験レビュー|子供を虫歯から予防する新常識

ブリアン歯磨き粉は口コミで人気が広まっている新世代の虫歯予防商品です。子供の虫歯は治っても、すぐに再発してしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分であるBLIS M18を配合したブリアンを紹介します。
MENU

BLIS M18配合の歯磨き粉【ブリアン】

子供の乳歯の虫歯は非常に防ぎにくいことで知られています。
その理由は、乳歯の虫歯には3つの大きな特徴があるからだと言われます。

・自覚症状が不明確
・乳歯の虫歯は進行が早い
・1度入ってしまった虫歯菌を除去できない

 

1度虫歯になった乳歯は治らない?!

子供の虫歯を歯医者さんで治してもらっても、またすぐに虫歯になってしまうお子さんも多いと思います。その理由は、

 

『口内に1度入り込んだ虫歯菌は、100%は除去できない』

 

からです。初めて聞いた方にとっては、少し衝撃的な内容ではないでしょうか!?
虫歯菌を除去できたつもりでも、完全には取り切れていないため、しばらくするとまた虫歯になってしまうのです。また、虫歯菌を除去しようと、殺菌成分や洗浄剤を使う親御さんもいますが、それをやってしまうと、本来、虫歯菌を撃退するための、良い菌までも取り除いてしまうからです。

 

『じゃあどうしたらいいの?』

 

子供の口内に、1度入り込んでしまった虫歯菌は簡単には除去できないということでしたが、それでは虫歯菌が入ってしまったのを放っておくしかないのでしょうか?しかし、放っておくと、また虫歯になってしまいます。

 

そこで、最近になって出てきたのが、日本で初めて虫歯除去成分である「BLIS M18」を配合した『子ども用歯磨き粉 ブリアン』です。ブリアンは口内環境に住みついた虫歯菌を除去(追い出し)、虫歯になるのを予防してくれます。

 

また、虫歯菌が繁殖するための、虫歯菌のエサとなる歯垢も同時に除去してくれます。(⇒ 虫歯菌除去成分『BLIS M18』についてさらに知りたい方はこちらの記事)日本産業新聞でも掲載され、多数のメディアでも特集が組まれ注目されている子供用歯磨き粉がブリアンなのです。

 

>>ブリアンを実際に使った体験レビューはこちら

 

ブリアンは新世代の画期的な歯みがき粉

子ども用歯みがき粉の特徴

一般的に、歯みがき粉には虫歯予防に効果のあるフッ素が配合されています。これは子ども用の歯みがき粉だとしても同じです。メーカーが出している子ども用歯みがき粉の多くはフッ素配合です。歯医者さんに行っても実際にフッ素をふきつける施術がありますから、これは歯学的には正しい行為であると考えて良いでしょう。

 

しかし、そうしたフッ素を日ごろから補充しているにも関わらず、やはり虫歯ができてしまうというのは何とも悲しい気分になってしまいますよね。これだけ努力してもなぜ虫歯ができるのかというと、簡単に言えば、こうした商品は全て「虫歯を予防する」目的のものだからです。フッ素で歯をコーティングしたところで、虫歯は治りません。予防しかできません。なぜなら、フッ素には虫歯の原因である虫歯菌そのものへの効果は無いからです。

 

あくまで、フッ素の仕事は虫歯菌が出す酸の量を弱める働きであり、酸で溶けた歯の再石灰化を促して酸に強い歯に修復する役割を果たすのです。ですから、虫歯菌が口腔内に存在し、栄養源である歯垢(プラーク)が豊富にあると、いくらフッ素で強い歯を作ったとしても侵食され続け、結局虫歯になってしまいます。そのため虫歯が減るという効果を感じることができないのですね。

 

また、フッ素を口にするリスクについては、賛否が分かれているといった事実があります。そのため、最近ではフッ素を敬遠する親御さんも増えています。

 

なぜ、ブリアンの効果が高いのか?

ブリアンでは、口内の虫歯菌を除去する成分「BLIS M18」を配合しています。
虫歯菌を除去するだけでなく、虫歯菌を育てるもとになる歯垢(プラーク)も除去してくれます。つまり、虫歯の根本的な原因である虫歯菌を口の中から文字通り無くすことが可能な、画期的な歯みがき粉なのです。子どもたちの体にやさしいよう、界面活性剤などの化学物質の使用を極力無くして作っており、また子どもたちに人気のあるイチゴ味に作られています。口をすすぐ必要もないので、歯が生えたばかりの小さなお子様でも使えます。

 

子ども用に特化した歯みがきで多くのこだわりがあります。繰り返す子どもの虫歯でお悩みの方は、試してみる価値はありそうです。そんなブリアンですが、難点があるとすれば、「粉状なところ」と「業務用歯みがき粉らしい価格」というところでしょう。

 

このあたりが改善されていくと、もっと使いやすくなるので、そうなる日を願いつつ、今日も子どものデンタルケアを頑張りましょう。また、子供の虫歯予防には仕上げ磨きも大切ですので、小学生卒業くらいまでは親御さん仕上げ磨きをやってあげましょう。

 

 

>>日本初!虫歯菌除去用成分『BLIS M18』配合 子供用歯磨き粉【ブリアン】

ブリアン Q&A

子供用デンタルケア用品「ブリアン」に配合されている新成分「BLIS M18」について、よくある質問と回答をまとめてみました。
「BLIS M18」の使用を考える前に、参考としてご一読ください。

 

Q1.何歳から使用すると良いでしょうか?
⇒虫歯の危険は常にありますから、なるべく早く使用するにこしたことはありません。子供の歯が生え始めたら、赤ちゃんからすぐにでも使用可能です。赤ちゃんの場合は、ガーゼなど赤ちゃん用歯磨きにつけて使うとよいでしょう。

 

Q2.ブリアンは飲み込んでしまった場合、危険はないのでしょうか?
同じく虫歯予防に効果があるフッ素は、飲み込んでいけないと言われたことがあります。

⇒ブリアン本来口の中にいる善玉乳酸菌のため、仮に飲み込んでしまっても問題はありません。海外では「BLIS M18」はチュアブル(噛み砕いて飲み込める薬)としても販売されているものですので、その安全性は確かです。

 

Q3.大人が利用することは可能ですか?
⇒はい、大人の方がご利用いただいても虫歯予防に効果が見られます。ただし、歯周病には効果がありませんし、一度できてしまった虫歯を修復するものではありませんのでご注意ください。

 

Q4.殺菌剤など不使用とのことですが、使用期限はどれくらいですか?
⇒もともと「BLIS M18」は殺菌剤や熱に非常に弱いために保存が難しかったのですが、ブリアンは特殊な技術によって加工しておりますので、冷暗所にて保管していただければ1年以上は使用が可能です。同じように「BLIS M18」を利用した並行輸入品も市場には見られますが、長時間、高温多湿の環境は「BLIS M18」に良くないので、品質が落ちる可能性があると考えられます。

 

Q5.ブリアンは1回の購入分でどのくらいの期間使えますか?
⇒1回の購入分で、付属のスプーンの量で使えば1カ月が目安になります。

 

Q6.1日に何回使用すれば十分な効果がありますか?
⇒ブリアンでは、朝晩2回の使用が奨励されています。これは、できるだけ「BLIS M18」が一日中口腔内にある状態を維持することが虫歯菌の減少のためには望ましいと考えられているからです。一日に一回程度ですと、どうしてもが「BLIS M18」足りない時間帯が発生します。

 

Q7.ブリアンは一般の歯磨き粉のようなペーストタイプはありませんか?
⇒残念ながら今のところありません。ペースト状にすると、BLIS M18菌がすぐに死んでしまい、期待する効果が得られないためですので、ご了承ください。

 

Q8.ブリアンの購入方法の「虫歯菌除去コース」という定期便は、どのように解約したら良いでしょうか?
⇒解約の際は、登録していただいたメールもしくは電話番号よりお問い合わせいただければ解約が可能になっています。ただし、効果を実感して頂くために、最低2ヶ月の利用をお約束して頂いています。もしも購入周期が1カ月だと長い/短いという方についても、その周期は柔軟に対応できますのでお問い合わせください。

 

Q9.薬局、ドラッグストアでも買えますか?
⇒申し訳ありません。現在のところ、通信販売限定で販売しております。

 

Q10.こうした虫歯菌を除去する製品は、いつから販売されていたのですか?
⇒「BLIS M18」は日本で品質基準を満たす商品化が進まなかったため、現在のところそれほど知名度が高くありませんが、海外ではチュアブルの形で6年以上前から販売されています。販売元のウィステリア製薬での1年以上の研究と商品開発の末、ブリアンは歯磨き粉として世界で初めて「BLIS M18」の実用化に成功しました。

 

ウィステリア製薬がどういった会社か?はこちらの記事で。
ブリアン歯磨き粉の販売元「ウィステリア製薬」とは

こんな方にオススメ

普通の歯磨きで磨いても、一度付着した虫歯菌がなくならないのはこれまで説明させて頂きました。虫歯菌除去成分を含んだ歯磨き粉ブリアンの使用をオススメする人はこんな方です。

 

 

ブリアンが、他の子供用歯磨きと違っているポイントを簡単にまとめています。
⇒ ブリアンの5つの特徴

ブリアン歯磨き粉の口コミ

>>ブリアンを実際に使った体験レビューはこちら

 

ブリアンを実際に使われた方の口コミや感想をいくつかピックアップしてみますね。

 

使い始めてから2ヶ月ほどですが、特別なデンタルケア、といっても歯磨き粉代わりに使えるので、毎日の継続がそれほど難しくありませんでした。最初は粉の歯磨き粉という事で使いづらかったり、子供が嫌がったらどうしようかと思いましたが、全然気にすることなく毎日気軽に使うことができています。

 

子供が歯の定期健診の結果を持ってきてくれたのですが、虫歯ゼロという結果で非常に嬉しくなりました。いつもは必ずどこかしらに、虫歯があったので。まるで我が事のように喜んでいたので、かえって子供の方が呆然としていました(笑)。

 

ブリアンに変えてから、子供の歯みがきについて神経質になることがなくなりました。虫歯除去用成分が入っているということで、ダメかもしれないですが、多少の磨き残しはその成分が何とかしてくれるだろうと思えてきたので、子供の歯みがきについてイライラする機会がグッと減りました。それで歯みがきにかける時間も減ったので、親子とも気分よく過ごしています。


 

歯医者通いは時間もお金もかかるので、ブリアンにして虫歯が減り、時間的にもお金的にもだいぶ楽になりました。歯医者さんも頑張っていることとは思うのですが、
歯みがきひとつで虫歯が減ると、今までの苦労は一体・・・と思ってしまいます。

 

ブリアンを使って半年ほどたちます。購入するのは月に一回程度で、効果も出ているので続いてはいるのですが、もう少し安ければいいなぁと思っています。もう少し安ければ、自分でも使うのですが、ちょっと気になってしまって普通の歯磨き粉を使っている小心者です。うちは一人娘なので良いですが、子供の多い家庭では大変なのではないでしょうか。というわけで、値下げを希望します!

 

また、商品と一緒についてきた、歯磨きの方法のパンフレットを見て、自分の歯磨きの仕方が間違っていたことに気付きました。ブリアンを使っているのは子供ですが、私自身も虫歯を減らすキッカケになっているのではないかと思っていて、非常に感謝しています。


 

ブリアンの口コミや感想を見ると、良いものが目立ちますが、デメリットについも
こちらの記事で記載していますのでご確認くださいね。
ブリアンにもデメリットがある?

 

さらに、ブリアンの口コミを見たい方はこちらをご確認。
ブリアン歯磨き粉の口コミ|実際に使った人の感想

 

虫歯の子を持つママへ

子供は痛覚が十分に発達していないので、たとえ虫歯になっても痛みそのものを感じていなかったり、片方の歯が痛くても「もう片方で噛めばいいや」と考えて、痛い歯を使わず、痛いことを無意識に「しらんぷり」するからです。

 

しかし、そうしているうちに虫歯は進行してしまうので、ある日にどうしようもなく痛くなって訴えてきて初めて判明し、最悪、抜歯以外の方法が無いということもあるのです。ひどい時には、歯の神経が死んでしまい、痛みも感じなくなった状態を子供は「治った」と思うこともあります。ですから、親が目視で子供の歯の状態を確認することが大切です。

 

また、乳歯の虫歯は永久歯の虫歯と比べると進行が早いと言われています。
歯のエナメル質が永久歯と比べて薄く、歯が溶けやすいため、また歯自体が小さいために神経まで到達する時間が短いのです。そのため、子供の場合は虫歯予防と共に早期発見早期治療がポイントになります。

 

定期健診で大丈夫だったと思っても、一年も経たないうちに重度の虫歯になってしまうこともあります。日々の歯磨きを手伝ってあげるだけでなく、我が子の歯の状態を常にチェックしてあげましょう。

 

<公式サイト>大幅割引キャンペーン中 ↓↓

専業銀行