BLIS M18

子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
MENU

BLIS M18の副作用は?体に害はないの?

「BLIS M18」とは、虫歯菌を抑制する働きをもつ唾液連鎖球菌(乳酸菌、善玉菌)のことです。近頃、この菌を利用した虫歯予防法が知られるようになってきました。

 

ヨーグルトに含まれるビフィズス菌で腸内環境を整えることはよく知られていますが、虫歯菌(ミュータンス菌)を抑制する「BLIS M18」も同じプロバイオティクスに当たります。 プロバイオティクスは、ギリシャ語の「健康のために」という意味の言葉が語源なのだそうです。薬とは違って、抗生剤(アンティバイオティクス)に対する耐性菌の出現などのような副作用が全くないと言われます。
一見良いことばかりありそうな方法ですが、本当にそうなのでしょうか?

 

乳酸菌やビフィズス菌に代表される善玉菌は常に体内で悪玉菌としのぎを削っています。人の腸内には、一人当たり100種類以上100兆個の細菌が住んでいると言われ、悪玉菌が優位になると有害物質が作られ、体調に悪影響が現れます。身体を維持するためには善玉菌の働きは欠かせません。善玉菌を効果的に摂取するには、生きたまま腸に届くことが一番良いのですが、たとえ生きていない状態の善玉菌でも、摂取すれば腸内の善玉菌の餌となり効果は得られます。

 

「BLIS M18」は、もともと体内に存在する菌なので、摂取することに問題はないですし、沢山摂取しても副作用はありません。赤ちゃんや妊婦さん、お年寄りにも安心して使える方法で、また一時的でなく普段から継続的に使える方法です。虫歯だけでなく、歯周病や口臭予防にも効果的なのだそうです。
日ごろの歯ブラシなどに加えて、「BLIS M18」による口内環境を整えることで、より健康な歯を維持できることでしょう。

 

 

>>>BLIS M18を日本で初めて配合した子供用歯磨き粉

関連ページ

BLIS M18は本当に効くの?徹底的に検証
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
虫歯予防に新しい風|もうフッ素は時代遅れ?
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
BLIS M18に最適な保管場所とは
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
専業銀行