BLIS M18

子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
MENU

虫歯予防に新しい風|もうフッ素は時代遅れ?

世のお母さんたちが日々気にしている子どもの口の中の病気、「虫歯」。その虫歯を予防できる成分が含まれた歯磨き粉が出てきています。

 

虫歯予防と言っても、今までに知られている「フッ素」ではありません。歯科では一般的なフッ素塗布による虫歯予防、家庭で一般的なフッ素入り歯磨きやフッ素洗口液などがありますが、実はフッ素は副作用もあり、あながち安全とは言い切れない部分もあります。フッ素は少量であれば大きな問題はありませんが、多量摂取すると有害であることは一般に知られています。

 

そもそもフッ素が虫歯予防になると知られた元は、アメリカで水源に高濃度のフッ素が含まれた小さな町の住人に虫歯が少なかったことでした。虫歯が少ない一方、住人たちの歯には茶色の斑点が多く出ていました(フッ素症・斑状歯)。過剰に摂取すると、フッ素症より更に重い骨フッ素症という一種の骨硬化症が起こることもあるのだそうです。
ゆえに、フッ素には摂取許容量というものが定められています。毎日の歯磨きで使う歯磨き粉では、その許容量内におさまりますが、フッ素は日常摂取する食品にも含まれています。実際の日々の摂取量がどのくらいなのか、それを考えるとフッ素を沢山使うことは少し心配になってしまいます。

 

それでもフッ素に頼らざるを得なかった人が多いと思いますが、そんな中、新たな虫歯予防成分が出てきたというのです。
それが「BLIS M18」です。「BLIS M18」は元来人の口や腸の中に住んでいる乳酸菌成分。善玉菌を強くすることで、口の中の虫歯菌を減らし、口内環境を正常化してくれます。細かい粒子で使える歯磨きだと、虫歯になりやすい歯と歯の隙間に奥歯の溝や歯と歯茎の隙間など、歯ブラシだけではケアしにくい部分にも届き、高い効果を期待できます。
薬ではないため、副作用もなく、赤ちゃんや妊婦さんやお年寄りでも安心して使えるのだそうです。まさに夢のような成分。歯医者さんには存続問題になってしまうかもしれませんね。

 

 

>>>BLIS M18を日本で初めて配合した子供用歯磨き粉

関連ページ

BLIS M18は本当に効くの?徹底的に検証
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
BLIS M18の副作用は?体に害はないの?
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
BLIS M18に最適な保管場所とは
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
専業銀行