子供 虫歯 予防

ブリアン歯磨き粉は口コミで人気が広まっている新世代の虫歯予防商品です。子供の虫歯は治っても、すぐに再発してしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分であるBLIS M18を配合したブリアンを紹介します。
MENU

子どもの虫歯予防記事一覧

赤ちゃんが生まれたとき、口の中に虫歯菌(ミュータンス菌)は住んでいないことはご存知でしょうか?虫歯菌に感染しなければ虫歯になることはありません。それでは、一体何歳まで虫歯菌に感染しなければ、一生虫歯にならないのでしょうか?実は、虫歯菌に何歳まで感染しなければ一生虫歯にならないということは言えません。では、子どもに虫歯菌をうつさないための努力は無駄なのでしょうか?3歳までの口内環境乳歯の生えそろう3...

「子どもの歯は非常に虫歯になりやすい」という性質があります。この理由はいくつもあり、総じて上記のように結論づけられています。どういった理由でそのように判断されているのか、今回は生活習慣の面から考えてみましょう。虫歯は感染するもの虫歯は感染する、といわれると驚きませんか?しかし、歯科医の間ではこうしたことは常識なのだそうです。生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、もちろん歯もありませんが、一方で虫歯...

「子どもは虫歯になりやすい」というのは昔から言われていることです。子どもの性質を考えれば、歯みがきは苦手だし、甘いものも好きだし、仕方のないことといえばそれまでですが、諦めてしまってはいけません。実は、ちょっとしたことを知っていることで、子どもを虫歯から守ることが可能です。ここでは、乳歯の虫歯に関する耳よりな話をいくつかご紹介します。家族の虫歯予防が実は大事だった歯科医の先生のお話を伺ってみると、...

「虫歯はできたら治せば良い」という考えはもう古く、今の歯科治療の主流は「虫歯にならない、なりにくい口腔環境づくり」なのだそう。歯科でも今は予防や、歯みがき指導や食事指導などに重点を置いています。特に子どもは自分では歯のこともわかりませんし、生活をコントロールすることもできませんから、虫歯になる・ならないのカギは大人が握っていると言っても良いでしょう。定期健診についての誤解子どもが歯医者に行く一番多...

乳歯はただ小さいだけではありません。乳歯の虫歯は大人の虫歯とどこが違うのでしょうか?乳歯の虫歯が出来やすい部分とは?歯と歯の隙間、特に奥歯の間に出来ることが多いようです。毎晩仕上げ磨きをしていても普通に見ただけではわかりづらいため、虫歯に気づくのが遅れ、気がついたときには穴が開いているということも。奥歯の間は乳歯でも詰まっていることが多いので、仕上げ磨きにデンタルフロスを使うことで汚れを取ることが...

歯医者さんでの検診以外にも自宅で虫歯予防に取り組むことが子どもの虫歯を減らすことにつながります。ご存知かもしれませんが、自宅で使えるグッズを見直してみませんか?歯ブラシ当たり前のことですが、食後の歯磨きは大切です。しかし幼い子どもに毎食後、歯磨き+仕上げ磨きをするのは大変なことです。仕上げ磨きは夜の寝る前に1回しっかりしてあげましょう。全体を磨くことも大事ですが、特に虫歯になりやすい部分(噛む面の...

家庭で行う歯磨き(仕上げ磨き)やおやつの摂り方への注意以外に歯科医ならではの虫歯予防も色々あります。定期検診の際のフッ素塗布歯科医では、普段の歯ブラシでは除去しきれない汚れや歯石などをクリーニングすることができます。ピカピカになった状態の歯に、高濃度フッ素を取り込むことで歯を強くします。乳歯の場合は3ヶ月程度に1度行うと効果的でしょう。シーラントシーラントとは歯の溝をコーティングする方法です。乳歯...

虫歯にさせないためには、実は4つの習慣をつけることが効果的です。難しいことではありませんので、今日からでも試してみませんか?大人の口うつしをしない離乳食などの際に、大人の口うつしをしたり、大人が使ったスプーンで食べさせていませんか?親がしていなくても知らない間に祖父母がしているなんてことも。赤ちゃんは生まれたときには、口の中に虫歯菌は住んでいません。生後19〜31ヶ月が最も感染しやすいと言われます...

日常、子どもの虫歯予防のために何かされていることはあるでしょうか?仕上げ磨き、定期健診、フッ素塗布・・いろいろありますが、食べ物については気をつけていますか?虫歯予防に避けたい食べ物についてふれてみたいと思います。そもそも虫歯が出来る仕組みは、虫歯菌と呼ばれるミュータンス菌が、歯にくっつき歯垢(プラーク)をつくって、糖質を代謝し酸をつくって、歯を溶かしていってしまうものです。つまり糖質の高い食べ物...

お子さんの仕上げ磨き、きちんとしていますか?幸い、日本では90%のご家庭で仕上げ磨きが行われているそうです。しかし、正しい仕上げ磨き、上手な仕上げ磨きをご存知の方はどれくらいいるでしょう?ここでは、効率的な仕上げ磨きのポイントをご紹介いたします。仕上げ磨きの基本的なポイントを挙げてみましょう。専門家により分かりやく解説された動画も合わせてご確認ください。引用元:横浜市桜木町アーティスティック スマ...

「子供の仕上げみがきって一体何歳まで続けたらいいの?」「大きくなってまだ仕上げ磨きしてるのって変?」気になりながらそのままになってる方って多いのではないでしょうか?「小学校に入るまで」「低学年まで」「10歳くらいまで」など、いろいろと意見が分かれるところではあるでしょうが、歯医者さんによると、「なるべく小学校を卒業するまで仕上げ磨きをしてあげるべき」という意見が多いそうです。歯医者さんのご意見が動...

「1日3回食後3分以内に3分歯を磨く」と子どもの頃に教わったことがありませんか?2014年、それが覆されるテレビ放送があり話題になりました。脱灰の実験その説の原因は「象牙質(歯の)を酸性(食事中の口の中の状態)の炭酸飲料に90秒漬け、その後また口の中に入れて歯みがきを始めるというもの。酸が経過時間によりどの程度浸透したのかという実験でした。歯は食事中は酸性に傾き、歯を溶かしていきます。その後すぐに...

子どもが歯を磨くときに、歯磨き粉を使いますか?それとも使いませんか?歯磨きのときは、フッ素配合の歯磨き粉を使うべきという考えも、発ガン性物質が入ってるかもしれない歯磨き粉を使うのは心配だという考えのどちらもあながち間違いとは言えません。実際、歯磨剤の中には、研磨剤・潤滑剤・発泡剤・香料・甘味料・フッ化物などが含まれています。通常の使用量であれば、飲み込んでも心配はない、とは言うものの、日本の歯磨き...

生えたての赤ちゃんの可愛い乳歯、ほほえましいですね。さて、生えたらすぐに歯磨きをするべきなのでしょうか?実際、歯磨きを嫌がる赤ちゃんや子どもって少なくありません。最初から無理やりでも歯ブラシで磨いてあげるべきなのでしょうか?生えたての乳歯には・・・実を言うと、生えたての乳歯は赤ちゃん本人の唾液で自浄作用があるので、すぐに歯ブラシを使わなくても大丈夫なのです。それに、「歯ブラシ」というものが入ってく...

お子さんに「歯磨きしたくない」とごねられたことありませんか?ごねるほどでなくてもなかなか自主的に歯磨きをしてくれる子どもは少ないのではないでしょうか?歯磨きを楽しく、嫌がらずにできる方法を4つご紹介しましょう。歯磨きを楽しい時間にする「歯磨きしなさーい!」としかりつけて無理やり歯磨きすると、それは楽しい時間ではなくなってしまいます。親子で楽しく歯磨きできるような工夫をしてみませんか? ・子どもの好...

生まれたばかりの赤ちゃんが、口の中に虫歯菌をもっていないことはご存知ですか?生活するうちに親や周りの人から虫歯菌に感染してしまい、虫歯が出来るのです。感染経路は唾液を通してになります。悲しいことにその殆どはママやパパからうつっているのです!どうやって虫歯菌が赤ちゃんにうつる?・大人の使った箸やスプーンで食べさせてしまった・離乳食を息でフーフーしてさまして与えた・大人の使ったコップを使わせてしまった...

子どもの虫歯予防としてよく知られたものとしてはフッ素が代表的ですが、「シーラント」もよく聞かれるのではないでしょうか?シーラントってどういうもの?奥歯などは歯の溝が複雑になっていることがあります。シーラントは、歯みがきのときに歯ブラシが届きにくい箇所の溝を埋めることによって、歯ブラシの届きにくい部分を減らして虫歯を予防する方法です。奥歯の溝のほかには、前歯の裏のくぼみなどが磨きにくい箇所となり、シ...

子どもに歯磨きを選ぶとき、何を基準に選びますか?子どもが好きなキャラクターだから?好きな味だから?安いから?可愛い子どもに歯磨きを選ぶときの基準となるポイントをお教えしましょう。1.研磨剤が入っていない(もしくは少ない)歯の汚れをとるために研磨剤は不可欠、と思われていませんか?大人の歯ならまだしも、柔らかい乳歯や生えたての永久歯を持つ子どもたちには、薄い形成の歯を傷めてしまう危険性があります。また...

赤ちゃんの歯磨きと大人の歯磨き、いったいどこが違ってどんな点に注意がいるのでしょう?赤ちゃんの歯磨きをするとき歯の生え始めた赤ちゃんにとって、歯ブラシが入ってくるということに違和感を覚えることは少なくないようです。口に歯ブラシを入れられることを嫌がる子どもも居れば、膝に寝てすらくれない、じっとしていない子どもも居ます。赤ちゃんに歯磨きをすること自体が困難なことです。最初の頃はガーゼでぬぐうだけでも...

市販の歯磨き粉危険な成分がに含まれていることは御存知ですか?一般に売られているものなら、安全基準をクリアしていて問題ないのでは?と思ってしまいますよね。でも大人ではあればそんなに気にならないものも、小さい子どもにはどんな影響があるか分かりません。子どもの口に入るものだけに心配になります。危険要素1 フッ素フッ素、といえば虫歯予防の代名詞的な存在であり、歯医者さんでも塗布してくれますし、虫歯予防デー...

歯医者に行くと、子供の虫歯に対する生活指導で「まとめ食べ」を推奨しています。「まとめ食べ」にはどんなメリットがあるのでしょうか。食事サイクルの確立まとめ食べが良い理由のひとつは、食事サイクルが確立されることです。つまり、何時間おきに食事をする、というサイクルが整うのです。少し食べては、また空腹になり、少し食べる、ということをしていると、そのように体のリズムができ、少食のためにすぐ空腹になり間食が必...

子供用の歯磨き粉と大人用の歯磨き粉で最も違う点は何でしょうか?多くの人がすぐに気づくと思いますが、それは「味」です。子供用の歯磨き粉は、大人用と違って甘く作られているのです。どうして子供用の歯磨き粉が甘く作られているのかと言うと、子供の味覚は辛いものや苦いものと言った刺激物に敏感で、耐性がありません。幼児期には辛いものや苦い野菜が苦手だったという人も多いと思います。子供にとっては、大人用の歯磨き粉...

歯磨き粉を選ぶ際に気をつけておきたいことのひとつに、スクラブが入っているものは避けた方が良いということがあります。このスクラブ、別名「マイクロビーズ」とも呼ばれ、近年、世界的に危険視されているのです。マイクロビーズは簡単に言えば、非常に小さなプラスチック粒子です。このプラスチック粒子によって、タワシのように表面をこすって、汚れを落としたり磨いたりできるというのがいわゆるスクラブの役割です。こうした...

最近の歯科におけるトレンドは、治療よりも予防にシフトしてきています。そのための予防歯科という分野が今、急速に発達してきています。予防歯科というのは、虫歯の治療はもちろんですが、虫歯にならないように予防することを重視している歯科医の医療行為のあり方です。虫歯というのは、どんなに丁寧にケアをしても起こりうるといわれています。毎日私たちが行っている歯磨きも、どんなに頑張っても落とせる歯垢は、口の中に残っ...

あまり歯科に関する薬には馴染みがないという人も多いと思いますが、乳児の虫歯対策のために使われる薬にサホライドというものがあります。主な用途は、乳歯における虫歯の進行を一時的に遅くするために使われます。乳歯は大人の歯と比べて虫歯の進行が早いため、こうした薬を使うことにより、少しでも虫歯の進行を遅らせることは大切なことでもあります。ただ、進行を遅くさせるとは言っても、完全に止めることができるのではあり...

こどもでもデンタルフロスを使ったほうがいいの?と聞かれたら、まず確実に使った方が良いと答えたいと思います。デンタルフロスとはご存知の方も多いと思いますが、いわゆる「糸ようじ」です。糸ようじとは言いますが、糸ではなく、特殊な繊維を使っています。これを歯の間に入れて動かしながら歯垢を絡め取ったり削り取ったりします。日本ではまだまだ普及段階で、多くの人が使っているとは言いがたいですが、欧米では当前のよう...

こどもでも電動歯ブラシを使った方がいいの?と聞かれると、それはケースバイケースであるというしかありません。一般的に電動歯ブラシを使うことできれいに磨けると思われがちですが、電動歯ブラシのメリットというのは、振動によって同じ部分を何度も磨けるので、それによって歯垢が落ちやすくなるということにあります。別の言い方をすると、磨き残しは歯ブラシでも電動歯ブラシでも変わらない、ということになります。個人のク...

歯にやさしい成分、虫歯予防に効果がありそうな成分といえば、まず頭に浮かぶのがキシリトールですが、次点はリカルデントではないでしょうか。このリカルデントはガムの名前にもなっていますが、これは登録商標で、正式にはCPP-ACPと呼ばれるそうです。これは「カゼインホスホペプチド」と、「アモルファスカルシウムホスフェート」の複合体という意味です。CPPは、カゼインという部分から察することができるように、牛...

専業銀行