乳歯 虫歯

ブリアン歯磨き粉は口コミで人気が広まっている新世代の虫歯予防商品です。子供の虫歯は治っても、すぐに再発してしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分であるBLIS M18を配合したブリアンを紹介します。
MENU

乳歯の虫歯アレコレ記事一覧

虫歯の原因となるのは口の中の虫歯菌なのですが、この虫歯菌が増えるタイミングが実はあるそうです。これをちゃんと知らないと、歯みがきをすることで逆に虫歯になりやすくなるそうですから、知っておかないと損をする情報なのかもしれませんね。食後の歯みがきは実はNG実は、食後の歯みがきというのは虫歯予防にはあまり効果がありません。その理由は、唾液の働きをジャマしてしまうからなんだそうです。食後には唾液が多くでる...

「寝かしつけや夜中におっぱいを飲ませている」というと、「虫歯になるからやめた方がいい」といわれることがあります。母乳は本当に虫歯の原因になるのでしょうか?母乳と虫歯実際、乳歯が母乳で虫歯になるか、乳歯を母乳に浸した実験が行われました。実験に使われた乳歯は虫歯にはなりませんでした。ではどうして母乳が悪く言われるのでしょうか?離乳食の進んだ赤ちゃんが乳歯に歯垢をつけたまま、夜中に母乳を飲んでいると虫歯...

乳歯で特に虫歯ができやすい場所は、「歯と歯の隙間」と「奥歯の溝」などです。各箇所について特徴を説明しましょう。奥歯の歯と歯の隙間乳歯で最もよく虫歯ができる箇所として言われているのが奥歯の歯と歯の隙間です。大人でも磨きにくい箇所ですが、乳歯の奥歯は隙間が少なく、歯ブラシだけで汚れを落とすことが困難です。そこで、デンタルフロスの出番です。フロスを口に入れるのを嫌がる子どもも少なくないようですが、子ども...

「乳歯はいずれ永久歯に生え変わるから虫歯になっても治療しなくて良いのよ」という人がいます。果たして本当でしょうか?乳歯は、決して永久歯が生えるための仮の歯という存在だけではありません。永久歯の生えるためのスペースを確保している、という意味もありますし、しっかり食べ物を噛んで顎を発達させ、栄養を吸収して体を育てる大事な歯です。万一、乳歯を抜く処置が必要になった場合、抜いたまま放置していると歯が動いて...

いわゆる虫歯菌(ミュータンス菌)は、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはありません。 ではどうやって入ってくるのでしょう?子どもの口内の虫歯菌は、親から食事の際のスプーンや口移し・キスなど唾液を通して感染すると言われます。感染が最も多いのは19ヶ月から31ヶ月の間で3歳までは特に注意が必要です。離乳食の時期、虫歯菌の感染を防ぐにはどうしたらいいでしょうか?・コップやスプーン・皿の共用、や口移しで食...

子ども、特に赤ちゃんは親がいなければ生きていけません。つまり子どもにとって親はかけがえのない存在で、生活の全てが親次第になります。では、子どもの歯の健康、子どもの虫歯は親の責任なのでしょうか?妊娠中からの赤ちゃんの虫歯予防妊娠6週から作られ始める赤ちゃんの歯はお母さんの体、お母さんから得られる栄養によって作られます。妊娠12〜15週(4ヶ月)頃は歯の石灰化が始まりますので、特に不足しがちなカルシウ...

虫歯になりやすい子、なりにくい子、というのはいるのでしょうか?実際、よく虫歯になる子、そうでもない子というのはいます。先天的になりにくい口内環境を持っている子、そうでない子というのもありますが、多くは生活習慣や食習慣が影響しているようです。ここでは、虫歯になりやすい子の食習慣について言及したいと思います。虫歯になりやすい食べ物が好きな子虫歯になりやすい食べ物、といえばアメ・ガム・チョコレートなど甘...

しょっちゅう歯医者さんに通っている虫歯になりやすい子もいれば、大して歯磨きもしていなさそうなのに虫歯になりにくい子、というのもいます。この違いは一体何なのでしょう?1.食事や生活習慣の違い甘いものばっかり食べてる子が虫歯になりやすい、と思われがちですが、間違いではありませんが、必ずしもそうとも限りません。口の中は通常は中性の状態ですが、食べ物を食べると酸性に傾き、虫歯菌に歯が溶かされます。食べ物を...

外出して疲れちゃったときなど、子どもが夕飯前に寝てしまった、お風呂の前に寝てしまった・・なんてこと、ありますよね?当然歯磨きもせずに寝てしまっているわけですが、たたき起こしてでも歯磨きさせるべきでしょうか?それともそのまま寝かせてあげるべきでしょうか?磨かずに寝ている間の口の中はどうなってるの?夜の就寝前の歯磨きは一日で一番重要と言われます。なぜなら、就寝中は、歯の修復(再石灰化)をしてくれる唾液...

虫歯菌の感染予防に、子どもへのキスやスプーンの使いまわしを控える親御さんっていらっしゃるのではないでしょうか?それでは、熱い食べ物を冷ますときに、フーフーと息をふきかけることを控えている親御さんってどのくらい、いらっしゃるのでしょう?虫歯の要因となる、虫歯菌(ミュータンス菌)は生まれたての赤ちゃんの口には存在しません。生活するうちに、周囲の人の唾液を通して感染します。赤ちゃんが可愛いからといって、...

虫歯には体質や遺伝的な問題は関係するのでしょうか?母親が虫歯が多いと子どもも虫歯が多くなるのでしょうか?親に虫歯がなければ、子どもにも虫歯はできにくいのでしょうか?虫歯の原因は遺伝?子どもの虫歯の要因は沢山あります。・周りの大人から虫歯菌が沢山うつって虫歯になりやすい環境が出来てしまった・食べ物の口移しやスプーンや箸の共有が行われて虫歯菌がうつった・赤ちゃんのうちからスポーツ飲料など糖分の摂取が多...

虫歯の原因となる虫歯菌(ミュータンス菌)、お口の中に一体どれくらい存在するか御存知でしょうか?虫歯菌の怖い話1「虫歯菌の数」口の中に住んでいる細菌の数は、なんと約30億と言われています。歯のある場合は、キレイな場合で1000〜2000億、キレイじゃない場合で1兆とまで言われます。ミュータンス菌も口の中のいる虫歯原因菌のひとつです。虫歯菌の怖い話2「どこから来るの?」生まれたての赤ちゃんの口の中には...

歯磨き粉をわざわざ飲んでしまうことはあまりないでしょうが、幼い子どもの場合、上手にうがいができず、うっかり飲み込んでしまう心配があります。子どもの歯磨き粉には甘くて美味しい味がついているのでわざと飲んでしまう危険もあります。また、うがいしたつもりでも少し残ったものを飲んでしまっていたり、無意識に吸収されていることもありえます。「でも、歯磨き粉は口に入るものなんだから、飲んでしまっても悪くないのでは...

子供の歯の性質を知らないために、繰り返し子供が虫歯になることがあります。たとえば、年齢によって子供の乳歯には虫歯になりやすい歯があるのです。乳歯の時期を通しては前歯の裏側や、歯間、歯の付け根、奥歯の溝などになりますが、特に子供の成長段階や食事習慣によって、その時期や箇所には違いが見えます。1歳半くらいまで食事はミルクや離乳食が中心です。そのため、食事による糖分は液状の姿で口内に残り、特に前歯の間や...

口の中に虫歯ができるのは、甘いものが歯を溶かすからではありません。甘いもの(糖分)をエサにする虫歯菌が活動するときに酸を出し、その酸が歯を溶かしてしまうからです。こうした虫歯菌が虫歯の原因ですが、どうして虫歯菌が作り出されるのでしょうか?遺伝や甘いものは関係ないこの虫歯菌はどこから来るのかという問題ですが、実は生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌はいないと言われています。たまに虫歯になりやすい人は遺...

子供には虫歯になりやすい子供と、そうでない子供がいるものです。これは先天的な問題と考える人もいますが、遺伝的な問題よりも、後天的な生活習慣上の問題が大きいといわれています。もともと、赤ちゃんの時点では口の中には虫歯菌がいないそうで、後から口の中に運びこまれたり、親や家庭の生活習慣や食習慣の影響を受けて、虫歯になりやすい子供となりにくい子供の差ができてしまうそうです。虫歯ができやすい食習慣虫歯ができ...

子供には虫歯になりやすい子と虫歯になりにくい子がいます。この違いは多くの要因がありますが、意外なところから違いが生じることもあります。意外な虫歯の要因「歯並び」意外な要因というのは、食事とは全く関係の無い部分。その中でも最たるもののひとつが、「歯並び」ではないでしょうか。歯並びが悪いと虫歯になりやすくなる、これは歯科医の中では常識だそうです。その理由としては、まず第一に歯磨きがしにくくなるというこ...

自分や子供の虫歯予防について悩んでいる親も多いと思いますが、虫歯についてどれくらい理解しているでしょうか。虫歯のメカニズムの中で重要な「脱灰」と「再石灰化」について考えてみましょう。虫歯の働き「脱灰」虫歯というのは、虫歯菌が食べカスを餌にして増殖し、そして酸を作り出すことによって歯が溶けていく症状です。この、歯が溶けていくことを「脱灰(だっかい)」と呼びます。脱灰が起こっているとき、歯では主成分で...

専業銀行