子供 虫歯 治療

ブリアン歯磨き粉は口コミで人気が広まっている新世代の虫歯予防商品です。子供の虫歯は治っても、すぐに再発してしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分であるBLIS M18を配合したブリアンを紹介します。
MENU

子供の虫歯治療記事一覧

「乳歯」と一言に言っても、虫歯の段階や状態により治療法は異なります。初期段階の場合虫歯の初期は、黒い虫歯ではなく白濁して見えます。この場合は、歯を削るのではなく、 @フッ素を塗る Aダラダラ食べていないか、甘いものを与えすぎていないか食習慣を見直す B歯磨き(仕上げ磨き)を見直すなどのことにより改善します。定期的に歯科でフッ素を塗ってもらうことにより修復が見込めます。神経に進む前の虫歯乳歯はやわら...

赤ちゃんに生え始めたかわいらしい歯、最初はほほえましく思うだけだった乳歯も虫歯になることが出てきます。さて、乳歯が虫歯になったら治療は必要なのでしょうか?嫌がる子どもをおさえつけて治療するのも可愛そう・・いずれは生え変わるのだし放置しておいても良いのでは?本当でしょうか?実は乳歯を治療せずにおいていると、さまざまな悪い影響が出てきてしまうのです。大人の歯も虫歯になりやすくなる乳歯の虫歯を治療せずに...

歯医者さんが大好きな子どもっているのでしょうか?大人だって、歯医者さんに行くのが好きな人ってなかなかいませんよね?あの独特の匂い、金属音、口を開けた無防備な状態・・・なんとなく不安で楽しい気分になんかなれないものです。かと言って、歯医者さんでの定期健診は歯の健康を守るために大切なもの。出来るだけ無理強いせずに子どもを歯医者さんにつれていってあげる方法をご紹介します。絵本などで事前準備をする歯医者さ...

「歯磨き大好き!」という子どもさんにはなかなか出会いません。むしろ「歯磨きが嫌い」な子どもの方が多いのではないでしょうか?では、どうして歯磨きが嫌いになってしまうのでしょうか?歯磨きを嫌う理由はさまざまあります。そして、理由によって対策も見えてきます。無理やり歯磨きさせられた「子どもの可愛い歯を虫歯にしたくない」「虫歯ができたら駄目な親と思わるのではないか」色々な理由から「歯磨きしなければ!」と気...

歯ブラシを後ろから見て広がった毛先が見えたとき、つまり毛先が広がったときが変え時だということはよく知られていますよね。そうは言われても子どもがしょっちゅう噛んでばかりで、毛先なんて広がってないときの方が少ないわ、と思われる方も少なくはないのではないでしょうか?広がった毛先では、歯と歯の隙間の汚れをうまく掻きだせず歯ブラシをする意味がなくなってしまいます。どうして子どもは歯ブラシを噛むのか?・歯磨き...

子どもを通わせる歯医者さん、となると、親自身が通う場合より、より慎重に選びたいものですね。実際どんな歯医者さんがいるのでしょうか?親から引き離してでも処置する歯医者さん子どもが泣く場合、親に甘えないように、と言って親から引き離し、別室で、暴れて危ない場合は、タオルで動けないように固定して治療する先生もいます。その場では治療はできますが、子どもにとってはこの上ない恐怖体験ですので、トラウマになってし...

子供の虫歯は大人の虫歯とは少し違っていて、その進行具合を判断するためには、ちょっとした知識が必要になります。どのような部分で違いがあるのでしょうか。乳歯の虫歯は進行が早いまず大前提として、子供の乳歯の虫歯は進行が早いというのを覚えておきましょう。乳歯は小さく、そして大人の歯と比べるとエナメル質が薄いために、虫歯になるとすぐに溶けたり欠けたりしてしまいます。そのため、対策が遅れるとすぐに重度の虫歯に...

虫歯についての誤解に「一度できると治療しないと治らない」というものがあります。しかし、虫歯は自然治癒されるもので、それを担っているのが唾液です。虫歯が唾液で治るワケ虫歯が唾液で治るというのは、虫歯ができるメカニズムに関係があります。虫歯は虫歯菌が酸を生成し、口の中を酸性にしてしまうことで生じるようになります。まず、歯の表面のエナメル質から、カルシウムやリンが溶け出す「脱灰」が起こり、次第に歯への酸...

誰もが気にしたことがあるだろう虫歯の悩みですが、この虫歯、もしかしたら治す薬や虫歯にならない薬があるのでは?そういう考えをしたことがある人も多いのではないでしょうか。実際、そういった薬はあるのでしょうか。虫歯にならない薬はありません現在のところ、虫歯にならない薬というのは無いそうです。専門家たちに言わせれば、これができればノーベル賞をもらえるレベルの発見で、非常に難しいものなのだそうです。虫歯とい...

専業銀行