子供 虫歯 治療

子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
MENU

乳歯の虫歯の治療法について

「乳歯」と一言に言っても、虫歯の段階や状態により治療法は異なります。

 

初期段階の場合

虫歯の初期は、黒い虫歯ではなく白濁して見えます。この場合は、歯を削るのではなく、
 @フッ素を塗る
 Aダラダラ食べていないか、甘いものを与えすぎていないか食習慣を見直す
 B歯磨き(仕上げ磨き)を見直す
などのことにより改善します。定期的に歯科でフッ素を塗ってもらうことにより修復が見込めます。

 

神経に進む前の虫歯

乳歯はやわらかいため虫歯になると進行が早いと言われます。神経に入る前に、削って詰めることが必要です。歯とは硬さの異なるプラスチックの詰め物はくっつきにくく、一度詰めたからと安心できません。仕上げ磨きの際に注意してあげましょう。

 

神経まで進行してしまった虫歯

歯の神経は、大人の歯に生え変わる際に大切な役割をしています。
しかし、その神経に虫歯が進んでしますと、歯の根の先に膿がたまったり(永久歯を変色させる)、歯並びを悪くしたり、悪影響を及ぼしますので、神経を取る、切断するなどの治療をせざるを得ません。神経のなくなってしまった乳歯は生え変わりの際にうまく抜けない可能性があります。その際は抜歯を行います。

 

更に進んで根のみになった虫歯

永久歯の生えてくる場所を残すだめにも、出来るだけ根を残す形で治療をします。乳歯が抜けてしまうと、その後に出てくるはずの永久歯がうまく出てこられなくなったり、バランスが悪くなってしまう可能性があります。どうしても抜歯が必要な場合は保隙装置(永久歯の生える場所を確保する装置)を入れておきます。

 

 

 

いずれの段階にしても、治療の際には子ども本人の協力が必要です。幼い子どもが怖がって暴れてしまい、歯を削る治療が出来ない場合もあります。その際は濃いフッ素を塗ることで虫歯の進行を抑止します。
フッ素を塗ることでそのまま再石灰化して終了することもありますし、虫歯が硬くなり痛みがなくなる場合もあります。暴れる子にどうしても削る治療が必要な場合は、全身麻酔を使わなければいけないこともあります。

 

治療をしても、乳歯は永久歯よりやわらかく磨り減りが早いので、詰め物が浮きはじかれやすくなります。また、永久歯が生えてくる際に乳歯の根は溶けて短くなるので、根の治療は難しく、繰り返し腫れることもあります。永久歯と違ってしっかりと治療ができない乳歯の虫歯治療は、経過観察が大切ですので、定期健診をお忘れなく。

関連ページ

乳歯の虫歯、治療しなくて良いの?
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
子供が歯医者を嫌がる時の対処法
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
子供・赤ちゃんが歯磨きをいやがる理由
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
広がった歯ブラシを直す方法
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
歯医者を選ぶ参考基準
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
乳歯の虫歯進行の判断方法
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
唾液が持つ自然治癒力とは
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
虫歯にならない薬は存在するの?
ブリアン歯磨き粉は口コミで人気が広まっている新世代の虫歯予防商品です。子供の虫歯は治っても、すぐに再発してしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分であるBLIS M18を配合したブリアンを紹介します。
専業銀行