子供 虫歯 治療

子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
MENU

乳歯の虫歯、治療しなくて良いの?

赤ちゃんに生え始めたかわいらしい歯、最初はほほえましく思うだけだった乳歯も虫歯になることが出てきます。
さて、乳歯が虫歯になったら治療は必要なのでしょうか?嫌がる子どもをおさえつけて治療するのも可愛そう・・いずれは生え変わるのだし放置しておいても良いのでは?本当でしょうか?実は乳歯を治療せずにおいていると、さまざまな悪い影響が出てきてしまうのです。

 

大人の歯も虫歯になりやすくなる

乳歯の虫歯を治療せずにおくと、その虫歯は進行していきます。進んだ虫歯は歯の根まで到達し、膿みとして溜まってしまいます。永久歯が生えるときは、その膿みを超えて生えてくるため、最初から虫歯菌を持った状態になってしまい、虫歯になりやすい状態を作ってしまうのです。

 

あごの発育不良になる

虫歯がひどくなると当然痛くなります。痛いと、痛む歯を避けて噛むようになります。他の箇所にも虫歯が出来ると、今度はあまり噛まずに飲み込むようになってしまいます。小さい時期を虫歯の状態ですごすと、噛む回数が減ることによって下あごの骨の成長が阻害されてしまいます。あごがきちんと成長しないと、永久歯の生えそろいにも影響が出てしまいます。正しい発音がしにくくなることもあるようです。

 

永久歯の歯並びへの影響

さきほども触れた永久歯の歯並びですが、その他にも歯並びへの影響があります。乳歯が虫歯になると早く抜けてしまうことがあります。そうすると、奥にある歯が手前に動いてきてしまい、生えてくるはずの永久歯の場所をふさいでしまいます。つまり、大人の歯が本来の場所とずれたり斜めに生えてきたり八重歯になったりしてしまいます。歯並びが悪くなると、歯磨きがしにくくなり、虫歯になりやすくなるというデメリットもあります。

 

栄養バランスが悪くなる

虫歯で歯が痛くなると、食欲をなくしてしまうケースもあります。その他にも虫歯があると、硬いものより軟らかいものを好むようになるなど、偏食の傾向も出てきます。成長の著しい幼児期に偏食があると、発育への悪影響も懸念されます。

 

 

以上のように、乳歯に虫歯があるのをそのままにしておくには心配なことが沢山あります。乳歯に虫歯を見つけたら、一度歯科医に相談するようにしましょう。また、虫歯にならないような生活習慣をつけさせることや、虫歯をいち早く見つけるための歯科検診も大切です。歯は将来の健康も左右する大切なもの、子どもの大切な歯を守ってあげましょう。

関連ページ

乳歯の虫歯の治療法について
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
子供が歯医者を嫌がる時の対処法
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
子供・赤ちゃんが歯磨きをいやがる理由
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
広がった歯ブラシを直す方法
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
歯医者を選ぶ参考基準
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
乳歯の虫歯進行の判断方法
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
唾液が持つ自然治癒力とは
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
虫歯にならない薬は存在するの?
ブリアン歯磨き粉は口コミで人気が広まっている新世代の虫歯予防商品です。子供の虫歯は治っても、すぐに再発してしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分であるBLIS M18を配合したブリアンを紹介します。
専業銀行