子供 虫歯 治療

子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
MENU

広がった歯ブラシを直す方法

歯ブラシを後ろから見て広がった毛先が見えたとき、つまり毛先が広がったときが変え時だということはよく知られていますよね。そうは言われても子どもがしょっちゅう噛んでばかりで、毛先なんて広がってないときの方が少ないわ、と思われる方も少なくはないのではないでしょうか?
広がった毛先では、歯と歯の隙間の汚れをうまく掻きだせず歯ブラシをする意味がなくなってしまいます。

 

 

どうして子どもは歯ブラシを噛むのか?

・歯磨きが嫌だから
・親の仕上げ磨きが痛いから
・口に入ってきた歯ブラシが気になったから
・特に理由はない

いろいろな場合があります。もし、お子さんが歯ブラシを噛む理由が、あなたの磨き方が痛くて嫌だと思っているかもしれない、と心当たりがありましたが、今日から改善されることをおすすめします。ただ、大半の子はなんとなく噛んでいるだけ、というような感じがします。「駄目でしょ!」といくら言っても、悪気があることではないので、なかなか効き目はないでしょう。

 

歯ブラシを復活させるには?

いくら注意しても、歯ブラシがすぐに傷んでしまう、しょっちゅう歯ブラシを買い替えなければならない、いつも沢山の歯ブラシを常備するのはもう嫌だ、と思われている方は多いと思います。そこで、歯ブラシを噛まれてしまうことにイライラしない方法として、毛先の広がった歯ブラシを復活させてみませんか?

 

その方法は簡単です。

1.80度のお湯を用意します。
2.そのお湯の中に歯ブラシを入れて、ぐるぐる回します(1分程度)。
3.元の形に整えて、水で冷やします。

これだけです。

 

なんで歯ブラシが復活するの?

歯ブラシの毛先に使う主な素材は「ナイロン」です。ナイロンは、形状記憶の性質があるのです。つまり、熱を加えることによって元に戻る性質があるということです。熱湯の中で回すと、歯ブラシの毛先は柔らかくなりますので、毛先を整えて冷やすことで完全に復活!
とまではいかなくても、これで歯ブラシを交換する回数は減るのではないでしょうか?

 

 

衛生面を保つためにも歯ブラシの交換は必要です。しかし、あんまり頻繁な交換は親のストレスにもなってしまいます。この方法を使って、小さいお子さんをお持ちの親御さんのストレスを減らし、楽しく歯磨きを続けてもらい、可愛い歯の健康を守ってあげましょう。

 

関連ページ

乳歯の虫歯の治療法について
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
乳歯の虫歯、治療しなくて良いの?
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
子供が歯医者を嫌がる時の対処法
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
子供・赤ちゃんが歯磨きをいやがる理由
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
歯医者を選ぶ参考基準
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
乳歯の虫歯進行の判断方法
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
唾液が持つ自然治癒力とは
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
虫歯にならない薬は存在するの?
ブリアン歯磨き粉は口コミで人気が広まっている新世代の虫歯予防商品です。子供の虫歯は治っても、すぐに再発してしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分であるBLIS M18を配合したブリアンを紹介します。
専業銀行