子供 虫歯 治療

子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
MENU

乳歯の虫歯進行の判断方法

子供の虫歯は大人の虫歯とは少し違っていて、その進行具合を判断するためには、ちょっとした知識が必要になります。どのような部分で違いがあるのでしょうか。

 

 

乳歯の虫歯は進行が早い

まず大前提として、子供の乳歯の虫歯は進行が早いというのを覚えておきましょう。乳歯は小さく、そして大人の歯と比べるとエナメル質が薄いために、虫歯になるとすぐに溶けたり欠けたりしてしまいます。そのため、対策が遅れるとすぐに重度の虫歯になってしまいますので、毎日の歯磨き時にしっかり点検し、早期発見早期治療に努めましょう。

 

 

子供の虫歯は「白い」

子供の乳歯の虫歯の特徴は「白い」ということです。虫歯が生じる際も、白濁した感じを生じるところから始まります。健康な歯なら、表面がツルツルと光沢を持っているものですが、これが無く白く濁ったような感じになっていたら、表面のカルシウムが溶け始めているので、虫歯の始まりとして注意が必要です。

 

そして、乳歯にできる虫歯の多くは白いということを覚えておきましょう。永久歯と比較して弱い乳歯は、虫歯によって着色する間も無く虫歯が広がります。そのため、歯が茶色や黒色をしていないのに子供が痛みを訴えることもありますが、虫歯らしいものが無いとして見逃されやすいのです。

 

 

茶色・黒色は黄信号

多くの虫歯は白色をしていますが、進行するにつれて、黄色の象牙質が顔を出すようになり、そして時間の経過によって大人同様の茶色や黒色の虫歯となってしまいます。乳歯の段階で単純な色素沈着はあまり無いので、この段階まで来たら、ほとんどの場合は虫歯となりますから、早めに歯科医に行くようにした方が良いでしょう。

 

乳歯に対する治療としては多くの場合はフッ素散布で終わることが多いですが、あまりに進んでいる場合は神経を取ったり抜歯することもあります。抜歯によって永久歯の歯並びが悪くなることも少なくありませんから、できるだけこの段階に至らないようにする努力が肝心です。

 

 

関連ページ

乳歯の虫歯の治療法について
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
乳歯の虫歯、治療しなくて良いの?
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
子供が歯医者を嫌がる時の対処法
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
子供・赤ちゃんが歯磨きをいやがる理由
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
広がった歯ブラシを直す方法
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
歯医者を選ぶ参考基準
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
唾液が持つ自然治癒力とは
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
虫歯にならない薬は存在するの?
ブリアン歯磨き粉は口コミで人気が広まっている新世代の虫歯予防商品です。子供の虫歯は治っても、すぐに再発してしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分であるBLIS M18を配合したブリアンを紹介します。
専業銀行