子供 虫歯 治療

子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
MENU

唾液が持つ自然治癒力とは

虫歯についての誤解に「一度できると治療しないと治らない」というものがあります。しかし、虫歯は自然治癒されるもので、それを担っているのが唾液です。

 

 

虫歯が唾液で治るワケ

虫歯が唾液で治るというのは、虫歯ができるメカニズムに関係があります。虫歯は虫歯菌が酸を生成し、口の中を酸性にしてしまうことで生じるようになります。まず、歯の表面のエナメル質から、カルシウムやリンが溶け出す「脱灰」が起こり、次第に歯への酸の侵食が始まっていきます。

 

実は唾液にはこのカルリウムやリンといった成分が豊富に含まれており、口の中の酸を中和するだけでなく、歯の表面にミネラルを補充し歯を修復するという「再石灰化」という機能があります。唾液は食べ物の消化だけではなく、虫歯予防や歯の形成にも役立っているのです。

 

 

唾液による再石灰化の限界

唾液によって虫歯が治るとなると、非常に期待をもってしまいますが、それでもやはり限界があります。再石灰化で修復が可能なのは、穴が空く前の初期段階の虫歯に限られると言われ、大きく進行した虫歯では唾液のみでは進行を止めるのが精一杯なのだそうです。

 

また、唾液による再石灰化がきちんと機能するのは、口の中に食べかすがほとんど無く、虫歯菌の活動が少ないときだけです。食べかすが口の中にある状態では、エサによって虫歯菌が活性化しているため、虫歯菌による酸の生成の方が唾液の中和効果よりも優位となってしまい、虫歯ができやすくなります。

 

そして、睡眠中は唾液の分泌量が減り、また口呼吸になりがちな人は口内が乾き、再石灰化が起こりにくくなっていると言われています。

 

 

唾液による再石灰化を促す方法

唾液による歯の再石灰化を促すためには、何よりも虫歯菌の活動を抑えるために歯磨きをしっかりして、口内に食物がある状態や酸性化している状態を短くすることです。

 

また、虫歯菌の発生を抑制して、歯質を強くするフッ素の塗布も効果的です。歯医者で塗布してくれますし、セルフで使えるジェルタイプのものや、フッ素配合の歯磨き粉もあります。他にも、間食をなるべく減らしたり、就寝前は食べないようにするなど、再石灰化ができる食習慣を作ることが大切です。

 

 

関連ページ

乳歯の虫歯の治療法について
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
乳歯の虫歯、治療しなくて良いの?
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
子供が歯医者を嫌がる時の対処法
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
子供・赤ちゃんが歯磨きをいやがる理由
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
広がった歯ブラシを直す方法
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
歯医者を選ぶ参考基準
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
乳歯の虫歯進行の判断方法
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
虫歯にならない薬は存在するの?
ブリアン歯磨き粉は口コミで人気が広まっている新世代の虫歯予防商品です。子供の虫歯は治っても、すぐに再発してしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分であるBLIS M18を配合したブリアンを紹介します。
専業銀行