乳歯 虫歯 予防

ブリアン歯磨き粉は口コミで人気が広まっている新世代の虫歯予防商品です。子供の虫歯は治っても、すぐに再発してしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分であるBLIS M18を配合したブリアンを紹介します。
MENU

乳歯の豆知識記事一覧

「過剰歯」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?「過剰歯」とは言葉のとおり、通常より余計にある歯のことで、乳歯の場合は通常が20本、永久歯の場合は通常が32本(親知らず含め)、これより多くある歯を「過剰歯」と呼びます。過剰歯(埋伏歯)は、歯が作られる際に顎の骨の中で歯胚(歯のたまごのようなもの)が余分に出来たり、遺伝的要素があったり、分割されたりすることで出来るとされていますが、はっきりした原因...

本来必要な本数以外に生えてくる「過剰歯」。過剰歯はトラブルになるリスクが高く、一般的に歯科では抜歯を勧めることが大半です。検索してみても、過剰歯は抜くものという前提の話ばかりが出てきます。なぜ抜歯が必要なのでしょうか?永久歯が生えてこない邪魔な過剰歯があるために、次に生えてくるはずの永久歯が骨の中から出て来なくなる状態が起こります。レントゲンで確認できますので、抜歯すると永久歯が自然に出てきてくれ...

子どもの小さな口に生えてくる可愛らしい乳歯。成長に従って6歳頃に乳歯は永久歯へと生え変わります。歯が抜けたら次に生えてくる永久歯がしっかり生えるよう願いを込めて、下の歯は屋根に、上の歯は縁の下にと、放り投げたり、近頃は可愛い乳歯ケースが市販されているので記念に保管したり、親にとっては嬉しいことですね。しかし、その乳歯がなかなか抜けず、永久歯に生え変わらない、ということがあったら心配ではないでしょう...

可愛い前歯がちょこっと見えてきた生後6ヶ月ころ、そこからだんだん歯が増えて、ごはんもいろいろ食べられるようになり、奥歯(第一乳臼歯)が生えた1歳半ころ、犬歯も第二乳臼歯も生えそろう2歳半ころ・・可愛い歯の成長はとてもほほえましく喜ばしいことですね。いずれ、6歳ころになると、今度は乳歯が抜けて永久歯が生えてきます。歯の抜けた子どもの笑顔、これもまたこの頃だけの可愛い姿ですね。ただ、みんながみんな無事...

赤ちゃんに歯が生えはじめたのはいつ頃だったか覚えていますか?半年?1歳?大体そのくらいでしょうか?それでは、赤ちゃんの歯から大人の歯に生え変わるのはいつ頃なのでしょう?赤ちゃんの歯が生え始めるのは通常生後6〜9ヶ月に下の前歯から生え始めるのが一般的です。前歯から順に奥歯まで20本が生えそろうのは2歳半頃、遅くても3歳半頃になります。もし1歳を過ぎても歯がなかなか生えてこない場合は、歯の芽に先天性欠...

乳歯と永久歯の違い、ご存知ですか?大きさが違う?形が違う?本数が違う?乳歯は永久歯より一回りほど小さく、また乳歯に比べ永久歯の方が本数が多く、乳歯は20本で永久歯は親知らずを含め32本あります。でも、違いはそれだけではありません。乳歯と永久歯についてご説明しましょう。乳歯乳歯は、一般的に生後6〜9ヶ月頃に下の前歯から生え始め、2歳半〜3歳半になると、20本の乳歯が全て生え揃います。本数や大きさのほ...

子供の乳歯の役割は食べることだけには限りません。実は、乳歯は永久歯が生えてくるための場所を確保する役割もあります。乳歯は永久歯ほど詰まってはおらず、ちょっと隙間があるものですが、これは永久歯の方が大きいために適度に空間を確保するようになっているのです。もしも、虫歯によって乳歯を抜歯せざるを得ない状況になると、この空間のバランスが崩れてしまって、歯並びが悪くなってしまうことがあります。ですから、乳歯...

子供に対して「よく噛んで食べなさい」と言いますが、このメリットについて理解できていますか?わかってくると切実になりますから、子供にも通じやすくなると思います。消化に良い噛むことが大事だというのは、まず何よりも消化のためです。噛むことによって食品も細かく砕かれますし、唾液による消化活動も行われますから、それによって胃や腸での消化がしやすくなります。それは吸収も良くしますので、成長や、余計なものの排泄...

子供の歯の悩みは多いかと思いますが、小さな頃は真っ白な歯だったにも関わらず、気づけば黄色っぽい歯ばかりになり、驚いてしまったという方もいると思います。しかし、これは決して歯が不健康とは限らず、むしろ健康かもしれないのです。「健康な歯は白い歯」という誤解健康な歯と言えば、芸能人のような白い歯を想像してしまいますが、実は本当に健康な歯というのは少し黄色を帯びているものです。というのは、歯の表面にはエナ...

歯磨きの役目は、「歯垢を落とす」「歯茎を強くする」「歯を白くする」、そのように考えている人が多いと思います。しかし、特に子供の歯磨きでは大事なこととして「歯質を強化する」役目があります。虫歯の原因になる歯垢を歯磨きによって落とすことが、歯磨きの最大の役割なのは間違いないのですが、歯磨きの出来によらず、虫歯になりにくい歯質を作ることも虫歯予防においては大切なことです。歯は人体で最も硬い物質と言われる...

口臭のケアは社会人として当然のマナー。しかしながら、口臭の問題を抱えているのは大人だけではありません。子供にも口臭はあって、悩んでいる子供も親もたくさんいます。子供の口臭の問題は、単純に臭うというだけではなく、虫歯やその他の病気の可能性もあるので、軽く考えてはいけません。知っておきたい口臭の話口臭の問題について考える前に、勘違いされやすい部分を先に説明します。人間の口臭は、一日の中でも大きく変化が...

子供の口臭にはいくつかの原因がありますが、時には病気のサインということも。どのような病気が口臭に影響するのかまとめてみました。大まかにいえば、口臭に影響する病気は、鼻の病気、口腔の病気、胃腸の病気などがあります。それぞれ異なる原因ですから、口臭の原因をわかっておけば、病気に対しても早期発見・早期治療が可能になります。気になる口臭ですが、病気によって生じても、ある程度唾液がしっかり出ていれば、そこま...

一昔前と比べて、子供たちの周りには非常に魅力的なお菓子が増えました。そして、増えただけではなく、簡単に購入できるようになっています。小さな子供のいる家庭では、親たちは子供のためを思ってあれこれ勉強し、甘いものを与えることは控えるようにしているという家庭も多いでしょう。しかしながら、困ったことに自分の家庭はコントロールできても、他の家までコントロールすることはできません。お友達や親戚の家に行った際な...

専業銀行