子供 虫歯 予防 ブリアン

ブリアン歯磨き粉は口コミで人気が広まっている新世代の虫歯予防商品です。子供の虫歯は治っても、すぐに再発してしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分であるBLIS M18を配合したブリアンを紹介します。
MENU

フッ素使用に対する見解について

虫歯予防用のガムの中には「フッ素配合」というものがあるように、フッ素は虫歯を予防するための効果があるとされています。そのため、虫歯になりやすい子供の歯質を強化するためにも有効とされていて、多くの子供用の歯科メニューの中にはフッ素塗布が入っています。

 

しかしながら、歯科医の間でも子供のフッ素塗布については、フッ素による虫歯予防の効果は認めつつも、フッ素そのものの安全性について意見が分かれているそうです。

 

 

フッ素は基本的に人体に害を及ぼす可能性があるとされている物質ですが、ただ虫歯予防のために使う分には微量であるため問題がないと言われています。慎重派は、微量だとしても有害は有害だから、繰り返し行って、蓄積されることによって実害が生じる可能性があると言います。

 

フッ素は確かに虫歯を予防する働きがありますが、逆に言えば、菌を殺せるほどの強い毒性があるということでもあります。実際、フッ素は猛毒とされていて、フッ素中毒という事件も起こったことがあります。

 

 

ただ、一説には微量は人体にも必要といわれていて判断が難しいところです。どちらにせよ、子供たちの虫歯予防でもっとも重要なのは歯みがきであり、それによって歯垢を除去することが虫歯に対して有効です。ですから、フッ素を塗布しただけでは虫歯に対して安心することはできません。あくまで補助的な役割であり、気休めでしかありません。

 

実際、専門家の中には自分の子供にはフッ素塗布はさせないという人もいるようです。フッ素の塗布に時間とお金を割くよりは、より良い効果のある歯みがきを求めて、歯ブラシや歯みがき粉により投資した方が良作ではないかと思います。

 

関連ページ

フッ素による、乳歯の虫歯予防の効果は?
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
フッ素は危険なのか?
子供の乳歯の虫歯は治っても、すぐにまた虫歯になってしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分を配合したブリアンをご紹介します。
フッ素を含む食品を食べると虫歯になりにくい?
ブリアン歯磨き粉は口コミで人気が広まっている新世代の虫歯予防商品です。子供の虫歯は治っても、すぐに再発してしまうもの。その原因は口内に住みついてしまった虫歯菌。虫歯菌除去成分であるBLIS M18を配合したブリアンを紹介します。
専業銀行